交通事故後遺症

サイトマップ

交通事故後遺障害14級で850万円損しない請求法





交通事故損害賠償請求で一番重要なことは、請求する被害者が自分の受けた
損害を正しく理解し請求することです。

日本の法律では、損害賠償を立証する責任が被害者側にあるため、被害者が請求しない損害については支払う必要がありません。

ここが一番問題になるところであり、被害者が正当な損害賠償を受け取れずに損をする原因でもあります。

さらに、保険会社は損害について被害者に情報を提供するどころか出来るだけ隠そうとするため、
交通事故損害賠償の知識がある被害者は多くの損害賠償金をもらい、無知な被害者はわずかな示談金しかもらえないと言う不公平な構図が出来上がっています。

この不公平な構図を破壊する方法は、今現在の状況下では1つです!

そうです!

被害者自らが交通事故損害賠償の知識を習得し、
正しい損害賠償請求をする方法を身に付けていくことです。

しかし、一般の方には馴染みがなく難解な交通事故損害賠償の知識を、易しく実例を挙げて解説していく

「知って得する交通事故損害賠償請求」 を是非読んでください。


「交通事故後遺症障害の方 保険会社に騙される前に赤川静雄のマニュアルを」について

赤川静雄のこれさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

CSSレイアウト講座